ノンバンク融資で急ぎの時でも安心。即日借り入れ可能なローン業者

ノンバンクでお金を借り入れするにはどこで借りたらいいのか?というか、そもそもノンバンクとはいったい何なのか?

「ノンバンク=金融関係」という事は何となく分かるけど、何でノンバンクと呼ばれているのか分からない方が多いんではないでしょうか?

中には、ノンバンクは銀行の事と思っている方もいるはずです。
実際、私も利用するまではハッキリとノンバンクの事を分かっていませんでした…(;・∀・)

●ノンバンクとは?
ノンバンクとは、銀行以外・信用金庫以外の金融機関の事を意味しています。
例えば、クレジット会社や信販会社、消費者金融業などの事をノンバンクと呼びます。

●銀行・信用金庫との違い●
銀行・信用金庫とノンバンクの違いを一言でいえば、預金(貯金)をする事が出来ないといった点です。
銀行や信用金庫ではお金を預ける事が出来ますが、ノンバンクでは融資は受ける事が出来ても、お金を預けるといった事が出来ないといった点が最大の違いだと思います。
バンクは「貯める」といった意味、すなわち貯める事が出来ないので「ノンバンク」と呼ばれているんです。

●ノンバンクで融資を受けるメリット・デメリット
ノンバンクのカードローンでお金を借り入れした場合と、銀行カードローンでお金を借り入れしたときの違いなんですが、まず金利面の違いがあると思います。

銀行の方が金利が低く設定されている所が多いので、融資後の金利分が安く抑える事が可能となっています。

じゃあ、ノンバンクで融資を受ける意味なんてないのでは?と思われがちですが、実際銀行の金利が低いといっても僅かな差なので、そこまで大幅に変わるわけではありません。

また、今では貸金業法で最高金利も決まっているので安心です。
ノンバンクで借り入れする際のメリットとしては、「審査から融資までの時間が早い」といった点ではないでしょうか。

大手の消費者金融業であれば、申込み即日中に融資を受ける事が可能となっています。
銀行の場合は、審査も厳しく融資までに若干時間がかかる場合があるので、急ぎでお金が必要になった時などにとても便利です。

また、業者によっては、無利息期間などのサービスも行っているのも嬉しいポイントですね。

所得証明書なしでお金を借りる事も可能となっていますよ。

私がローン会社でお金を借りるわけ

急に現金が必要で手元に現金も無く、貯蓄も無い場合、一番に身内から借りることを思う方は多いんではないでしょうか?
やはり、親や兄弟など身内であれば、長い期間が掛かっても少しづつ返していくことが容易ですし、信用も信頼もあり利息等も掛かることはありませんからね。

借りる額が小額であれば、友人に借りることも選択肢の一つです。友人といっても、信頼関係が構築されている友人のみを対象として借ります。前提として、期限を設けて返すこととします。

しかし、身内・友人であっても、お金の貸し借りでトラブルになる可能性があります。
特に友人の場合は可能性大ですよね。

出来る限り、というか絶対にトラブルは避けたいところです。そういった点でも、お金に困った時はローン会社から借入するのが一番いい方法だと思います。

どうしても金利があるので嫌だ…と考えてしまいますが、タダで借りるなんてちょっと虫が良すぎるような気がします。

お金に困っている時に借りる事が出来るので、金利は仕方がないし、当たり前だと思うのが普通ですよね。金利があると分かっているから、ちゃんと返済していくことも出来るはずですし。

急にお金が必要になった時も、すぐ対応してもらえ早ければその日のうちに借入できるローン会社はとても便利だと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です