学生の時の感謝を忘れず、家族に恩返しする方法

生まれ変わったら皇女様になりたい乙女キャラクターM子です。

社会人になったもののバリバリ総合職で働いている訳でもないのでボーナスもないし収入はそれほど多くなく、また大学の学費の返済や一人暮らしの生活費で月々のやりくりはカツカツ…。
恥ずかしながら初任給で家族を食事に連れていったりプレゼントもしてきませんでした。実家にもあまり帰っていない状態です。

学生の時に、どうしてもお金が必要になって、でもカツカツの生活をしていたのでそのお金を捻出することができず、学生が使えるローンを利用してお金を作ったこともありました。

そのことは、お金の面で苦労を掛けていた両親には言えず、翌月からバイトのシフトを増やしてもらい返済に充てていました。なので両親には何の親孝行もできていないんです。
そんな私が今もし10万円を貰えるとしたら、家族に日頃の感謝をこめて何らかの形でお返しをするために使います!
肉体労働をしている父親にはマッサージチェアをプレゼントとして贈りたいです。
一日の終わりに疲れをとって欲しいです。
母親は昔、「あなたが大人になったら二人で温泉でも行きたいね」と言ってくれていたので、紅葉の時期に京都に女二人旅をしたいです。
露天風呂のある温泉旅館をとって二人で湯につかりながらゆっくり語り合ったり、おいしい京料理を一緒に食べたいなーと思います。
音楽が好きな妹には、音質の良いイヤホンと部屋に置くためのスピーカーをプレゼントしたいです。
そして家族全員をつれてみんなの大好物である焼肉をご馳走します。(出来れば叙々苑で笑)
私が実家を出てしまっていることもあって、今ではなかなか家族全員集まる機会はありませんが、私が今こうして元気に生活しているのはここまで育ててくれた両親や、悩んだ時は相談に乗ってくれたり一緒に遊んだりと友達のように仲良くしてきた妹がいてくれたおかげです。
ささやかではあると思いますが、私なりに家族に感謝の気持ちを伝えることが出来ればと思います。